• 妊娠中や出産後の女性労働者の健康の確保について、労働者に対する制度の周知や情報提供及び相談体制の整備を実施しています。
  • 育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備として労働者の育児休業中における待遇及び育児休業後の労働条件に関する
    事項についての周知をしています。
  • 子どもを育てる労働者が利用できる措置として、短時間勤務制度を導入しています。
  • 労働者が子どもの看護のための休暇を取得できる制度の導入を行っています。
  • 育児・介護休業法に基づく育児休業や時間外労働・深夜業の制限、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業
    など諸制度の周知を行っています。
  • 年次有給休暇の取得の促進のための措置の実施を行っています。
  • 計画期間   平成26年10月1日~29年9月30日
  • 目   標   雇用環境の整備に関するものを定めている。